新しくなった「ゆーすけべー日記」

新しいアドレスに移転しました。本Blogの記事は残したままですが、今後は上記のサイトで更新をします

昨日開催された Shibuya.pm tech talk 第9回、通称「XS Nite」に行って来ました。 XS とは、それぞれいろいろな定義がありますが、わかりやすいので hirose さんの発表から引用すると、

PerlとCをつなぐための言語&インタフェース

のことです。今回、ひったすら XS をテーマにしているわけで Perl 勉強会といいつつも、C のコードばかり出てきましたw XS モジュールは使うことこそありますが、「XS のモジュールを自分で書く」というのはやはり C 言語や Perl の内部構造に対する知識が必要になり(そうで)、難解なイメージがあります。 てなわけで、発表を聞く前は難しくてついていけないんじゃないか、そして眠くなるんじゃないかと危惧していたものの、全くそうはならず、とっても楽しく発表を聞けました。

XS nite

メイントーク前半、hiroseさんの「はじめてのXS - ハマりどころはココだ」、 dmakiさんの「Perl 5 internals の世界にようこそ」がすごくわかりやすくて、自分で実装できるかはともかく、 普段意識していなかった Perl の内部構造について興味がわきましたね。

面白かったのは、メイントーク後半「若手の部」。 藤吾郎さんの「Inside Ruby.pm」と先日のYAPC::AsiaでもLTされていた wakapon さんの「Perl Machine」の発表です。ようは俺の認識で超まとめすると、Perl で Ruby ライクなシンタックスでコードかけちゃうよ、Lisp Machine のように Perl のみで OS を含んだ環境を作るよというチャレンジです。二人とも学生さんらしく、「世の中には若い変態がいるなー。素晴らしい!」と感心しました。

miyagawa さんが Twitter で

きのうの Shibuya.XS のプログラムを考えたやつ(=takesakoさん) は天才!まともなXS講座から若手のハック、邪悪なネタまでいい具合のフローだったです

http://twitter.com/miyagawa/statuses/843632731

と書いてますが、ほんとその通りだったと思います。テーマを絞ったことにより、全体としてまとまりが出たということですかね。

蛇足ですが、改めてこれほどのクオリティの高い発表を、お金を払わずとも聞けるというのはすごいことだと思います。発表者の皆さん、会場を貸してくれたIIJの方々、そして takesako さん、ありがとうございました!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yusukebe.com/mt/mt-tb.cgi/7737

コメントする

このブログ記事について

このページは、yusukebeが2008年6月26日 11:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則」」です。

次のブログ記事は「Yokohama.pm tech talk #1 に行って来た」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.7